Make your own free website on Tripod.com
Gavin Lyall / ギャビン・ライアル


  " ...or because I was Caneton? "

ギャビン・ライアルの代表作「深夜プラス1」のクライマックスシーン。主人公カントンことルイス・ケインが、請けた仕事は簡単なはずだった。しかし彼は今、愛銃モーゼルを片手に、敵の待つ塹壕跡を辿り歩いている。命の危険を冒してまで、この仕事にこだわるのはなぜか。報酬?正義感?センチメンタリズム?
「あるいは、自分がカントンだからか?」
ライアルが描く男たちのこだわりの理由、その答がこの科白にある。

ライアルのこだわりは人間だけにとどまらない。カントンが使うモーゼル、シトロエンDSといった一癖も二癖もある「モノ」(物)たち。この「モノ」がストーリーにリアリティを加える。そして登場人物の生々しい姿を我々に伝えてくれる。例えば、カントンがモーゼルM1932ではなくコルト.45を使っていたらどうか。シトロエンDSではなくフィアットを選んでいたら?カントンのプロとしての経験とセンス、そして愚直なまでに己のルールにこだわる性格を、ここまで深く知ることはできなかったのではないか。
Midnight Plus One



ここでは、そんなライアル作品に登場する「モノ」の解説や、ライアルの邦訳全作品のあらすじなどを紹介。少しでも参考になれば、と思います。

Profile / ギャビン・ライアル プロフィール
List of Works / ライアル作品リスト
Mono Guide / ライアル作品の「モノ」解説
"Midnight Plus One" The Movie / 「深夜プラス1」を映画化すると?
About "Shinya + 1" / 日本冒険小説協会公認酒場「深夜+1」のこと


CONTENTS Citroen Plus One