Make your own free website on Tripod.com
まずは分解のために、構造解析。その結果、フロント部分でボディとシャシが溶接されていて、あとは後ろのナンバープレート部分がハメコミで固定されていることが判明。後ろのナンバープレート部分を前方向に押して外そうとしたけれど、けっこう力が必要。大き目のマイナスドライバーを当ててやり、気合い(笑)で外す。フロント側は溶接されているが、シャシに柔軟性があるため、くっついたままで車輪、ガラス、内装パーツが取り外せた。ここまでできたらあとは好き放題。

(1)リアトレイのテニスラケット等を削り落とし、

(2)内装、前後バンバー、窓枠、前後ウインカー、ブレーキランプを塗装し、

(3)おまけでヘッドランプを黄色に塗った。

ヘッドランプはクリヤーパーツなので、裏側を黄色に塗った。ちょっと派手だけれど仏車ぽくてなかなかよい感じ。
BX2

これはリアビュー。
BX3

後部ナンバープレート部分を外したところ。
BX4

取り外した内装部分。ちょっとわかりづらいけれど、ちゃんと一本ステアリングホイール&ボビンメーター仕様になっている。
BX5


BACK Citroen Plus One