Make your own free website on Tripod.com
About BX19TRi / BX19TRiとは


19TRi

1984年に日本に最初に導入されたBXは16TRSというモデル。エンジンは1600cc(SOHCキャブ)で、当初はパワステなしで5MTのみ。後にパワステ付きやや4ATモデルが追加。この16TRSは、ボビンメーター[1]や、クラスタに集中した操作系(ライト、ウィンカー、ホーン等)[2]が特徴で、シトロエンらしいエキセントリックなイメージにあふれていた。

[1]Bobbin Meter  [2]Cluster Switches

それが1987年に大きなマイナーチェンジがあって、バンパーやウィンカー[3]、ドアミラー[4]の形状が変更され、インパネも普通の感じ(アナログメーター、レバー式ウィンカー)[5]になった。エンジンも1900cc(SOHCキャブ)になりモデル名も19TRSに。

[3]Winker, TRS → Winker, TRi

[4]Door Mirror, TRS → Door Mirror, TRi

[5]Instrument Panel, TRi

さらに1989年にその19TRSのエンジンがインジェクション仕様になったのが19TRi。このあたりの時代から西武自販に加えてユーノスもBXを扱うようになった。ユーノスもののBXはサンルーフが標準装備だけれど、ボディカラーが少なかった(西武ものにはベージュとか、茶色/エンジ色のメタリックとかがあったと思う)。ホイールカバーもユーノスものは1種類だけなのに対し、西武ものは年式によって何種類かあった。ちなみに私の1990年式19TRiの日本における登録台数は1763台で、日本で最も多いBXらしい。[1998/2/12]

【諸元】
車名・形式シトロエン・E-XBDF
全長4235mm
全幅1680mm
全高1365mm
ホイールベース2655mm
トレッドF:1420mm/R:1365mm
車両重量1070kg
最小回転半径5.5m
エンジン形式・種類DF・水冷直4OHC
エンジン内径×行程83.0×88.0mm
総排気量1904cc
圧縮比8.4:1
最高出力100ps/6000rpm
最大トルク14.8kg-m/3000rpm
燃料供給装置電子制御燃料噴射(BOSCH LU-2 ジェトロニック)
燃料/タンク容量無鉛レギュラー / 66L
駆動装置4段オートマチック(ZF 4HP14型)
クラッチ形式3要素1段2相形(ロックアップ機構付)
変速比1=2.778 2=1.577 3=1.152 4=0.851 R=3.267
減速比3.150
ステアリングラック&ピニオン パワーアシスト付(ハイドロニューマチック式)
サスペンション前:マクファーソンストラット / 後:トレーリングアーム
ダンパー前後ハイドロニューマチック
スタビライザー前後トーションバー
ブレーキ前後油圧式ディスク(前後2系統ハイドロニューマチック)
駐車ブレーキ機械式前2輪制動
タイヤ前後175/65R14 82H
ホイール前後5.00B×14


BACK  Meet  BX19TRi  Impression  Modifications  Troubles  Books1/2  Details  Etc. Citroen Plus One